Facebook Twitter
authorstream.net

鬼ごっこ: 生産

生産 でタグ付けされた記事

フリーランスまたはスタッフ

投稿日: 10月 12, 2022、投稿者: Franklyn Helfinstine
スタッフライターがフリーランサーが利用できない利点を享受していることは疑いの余地はありません。 ただし、スタッフライターが期待できないフリーランサーに開かれたメリットを見つけることができます。 | - |スタッフは、頻繁で、日常の締め切りのために、定期的に生産しなければなりません。 このため、スタッフは多くのことを学びます。時間を正確に整理する方法、大きなプレッシャーの下でどのように書くか、迅速に書く方法、執筆を計画する方法(または、回復可能な形式で、次に精神的に)を計画する方法、そして 締め切りを正確に満たす方法。 おそらくこれにより、創造性とインスピレーションの喪失が増加しますが、それにもかかわらず、通常は、順番、構文、語彙、句読点、スペルなど、より良いライティングのメカニズムを生み出します。 | - |しかし、フリーランサーは、書くのに十分な時間を選択する自由、この問題やテーマを作成する自由、言語と表現の洗練を享受しています。 これの否定的な面は、作家が編集者であり校正者であり、机に座って書くための規律を含む必要があることです。 フリーランサー。 | - |したがって、作家のような作家を見つけることは作家の義務になります。 間違いなく、フリーランスの執筆はほとんどを引き付けますが、それでもそれは常に賢明な選択ではありません。 自分の性格、個性、献身が登場します。 人が単独で働く立場で、インスピレーションを得ることができる場合、フリーランスのルートはすぐに続く方法です。 不確実である場合、関連性が必要であり、方向性が必要な場合、スタッフのポジションはおそらく選択肢の改善です。 | - |正しく選択すると、最高の満足と幸福につながる可能性があります。 | - |...

闘争

投稿日: 8月 1, 2022、投稿者: Franklyn Helfinstine
いつかは何を引きつけなければなりません。 | - |毎日は、コンピューターの前に座って生成するための実際に戦いです。適切な単語を生産し、論理的な文を作成し、焦点を合わせた段落を作成し、プロジェクトに非常に関連するページを作成します。 詩、簡単な物語、記事、エッセイ、または小説のセクション。 | - |座って生産するという決意が作成されたら、空白の心から何を奪う必要があるにもかかわらず、出力が簡単に思えます。 一度開始されると、フローは避けられないようになりますが、アイデアは意図された、または計画されたものではないかもしれません。 時には、それは指揮官ではないことを意味し、他の場合はそうではありません。 | - |いつか魂から何か、何でも作るために何をdrしなければなりませんが、それが本当にジャーナル、日記、あるいはたとえエントリーであっても、特定の作品を中心にしている努力をしなければなりません。 あらゆる種類のフォーラム。 | - |作家が意図した読者とのコミュニケーションを専門とする場合、アイデアが来るはずであり、アイデアが来るとき、それらを表現することも来るかもしれません。 これが執筆の性質です - アイデアを他の人と共有すること。 | - |したがって、文章、段落を引き出す必要があるかどうかにかかわらず、重要な目的は、作家の考えの満足のいく表現となる構成を開発することです。 | - |...

書き込み拒否に対処するためのいくつかの簡単なヒント

投稿日: 5月 25, 2021、投稿者: Franklyn Helfinstine
本を完成させ、クエリレターを送信して拒否されました。 何をする必要がありますか? あなたはあきらめることができますが、私はこれを提案しません。 拒絶を管理するのが最善の方法についての簡単なアイデアを次に示します。 breather あなたはおそらくあなたが拒否した理由についてあなたの脳を不思議に思ってガタガタと鳴らしているでしょう。 長いものではなく、休む。 。 息抜きの時間。 あなたが拒否された理由を常に分析し続けるなら、あなたは自分自身を夢中にさせるでしょう。 プラス。 。 拒否後、新しいクエリレターを送信し続けることを決定した場合、それらはあなたの最高の仕事ではないかもしれません。 なぜ聞くの? あなたは、あなたが拒絶中に置いたすべてのストレスの下であなたの最高の仕事を生み出さないかもしれないので。 あなたはあなたの最高の販売ピッチを送るエネルギーを持っていなかったので、あなたはこれ以上拒否を望まないでしょう。 自尊心 - 失敗はオプションではありません あなたはダンプでダウンしているかもしれません...